摂取カロリーの限度を知る『身体活動レベル』とは?

自分の消費カロリーを知るための計数として『身体活動レベル』というものがあります。

よく動いている人は消費カロリーが多く、引きこもっていると消費カロリーが少ない。というものを数値化した指標です。

身体活動レベルは3つのレベルに分けられます。

レベル1

生活の大部分が座位で、静的な活動が中心 =指数:1.5

レベル2

座位中心の仕事だが、職場内での移動や立位での作業・接客等、あるいは通勤・買物・家事、軽いスポーツ等のいずれかを含む =指数:1.75

レベル3

移動や立位の多い仕事への従事者。あるいは、スポーツなど余暇における活発な運動習慣をもっている =指数:2.0

自分の基礎代謝に上記の指数をかけた値が1日の消費カロリーになります。

例えばテレワークで座りっぱなしになった営業さん(レベル1)は、外回りをしていた頃(レベル3)に比べると25%ほど消費カロリーが下がっています。

なので今までと同じ食事をしていると25%ほどのカロリーオーバーになってしまいます。

自粛によって太ってしまう原因は、(運動時間の低下=)身体活動レベルが下がってしまうことにあるのです。

家でもできるトレーニングを!

家でもストレッチやトレーニングをしていくことで、全盛期の身体活動レベルにまで戻していきましょう。

筋トレで筋肉量を増やすのと、基礎代謝が上がり 消費カロリーを増やすことも可能です。

自宅内での稼働スペースが限られている場合は、EMSなどもおすすめです。

最近、【3D Shaper】というRIZAPが開発したEMSもあります。低周波電流によって筋肉運動を促すことができるアイテムなのですが、その効果はかなり強力です!

ぜひ家庭でのコロナ太り対策&運動不足解消に活用ください。

>>1日たったの15分!RIZAPのEMSでいつでも簡単に筋肉へアプローチ!

スポンサーリンク