ハイパーナイフは産後いつから受けられるの?

産後1ヶ月はNG

産後1ヶ月は、出産によって失った体力を取り戻さなければなりません。大切なエネルギー源である脂肪を落としてしまうハイパーナイフ施術は避けましょう。

ただし、ハイパーナイフのフェイシャル施術に関しては問題ありません。

産後はホルモンバランスが乱れ、肌荒れやニキビができやすいので、血行を促進し、肌トラブルを予防しましょう。

授乳期間も基本的にはNG

ハイパーナイフは高周波の温めとマッサージ効果により血行・リンパの流れを促進し、老廃物を流しやすくします。これは、余分なエネルギー源の排出もしてしまいます。

授乳期間は、赤ちゃんへ送るためにより多くの栄養を蓄える必要があります。むやみに排出を促すことは避けるべきでしょう。

授乳期間終了後

産後3ヶ月後、授乳期間の終了を目安に、お医者さんと相談しながら施術を受けてください。

産後からあまりにも時間が経つと、シワやたるみが治りにくくなってしまいます。

キレイなお母さんであるためにも、ハイパーナイフはおすすめです。

ハイパーナイフがおすすめのサロン

2017.12.13

スポンサーリンク