急なダイエットは危険!体重は一ヶ月にどのくらいまで落としていいのか?

ダイエットしなきゃ!痩せてやる!!

危機感や怒りなどの「負の感情」によってダイエットを決心する人は多いです。 しかし、こういったモチベーションでダイエットをすると、短期的な成功率はかなり高いです。

(たとえば 毎日2食抜く・・・など)

しかし、急激に体重を落とすことにはリスクがあります。

急なダイエットの危険性

食事制限にしろ、運動にしろ、今まで足りていた栄養が急に不足すれば、様々な体調不良を招きます。

ホルモンバランスも崩れ、男性は体臭や抜け毛の原因に。女性の場合は生理不順、不妊症の原因に。

そして最悪の場合、不整脈や心臓麻痺を起こしてしまいます。

1ヶ月に5%以内

理想のダイエットは1ヶ月に5%以内の減体重です。

たとえば、80kgの人は1ヶ月で4kg以内の減体重。80kgの人が70kgを目指すなら、3ヶ月かけて-10kgを達成する計画を立てなければいけません。

ホメオスタシス効果

人間は摂取カロリーが基礎代謝より少ない状態になると、基礎代謝を低くし、消費カロリをー低くしようとします。

「ホメオスタシス効果」と呼び、ダイエットでは体重の減らない停滞期が発生します。そして、このホメオスタシス効果は1ヶ月に5kg以上体重が減っていく状況下で、最大限発揮されます。

急なダイエットは体重を減らすどころか、さらなる体重の増加につながってしまいます。

まとめ

ダイエットを決心することは良いことです。しかし、健康を害してしまっては元も子もありません。

何事もそうですが、節度を保ちましょう。

ぜひ「健康的に痩せていく」ことを大切にしてください。

 

スポンサーリンク