「飲む日焼け止め」って正直どうなの?

最近何かと話題になっている「飲む日焼け止め」なるサプリメントがあります。

正直どうなの?と思っている方へ、飲む日焼け止めの本当の効果について述べたいと思います。

日焼け止め効果はない

「飲む日焼け止め」を飲んだからといって、日焼けしないなんてことはありません。

ただ、これらのサプリメントにはシミの生成や活性酸素を除去する成分が豊富に含まれているので、その後の肌トラブルや老化の予防にはなります。

日焼けはなぜダメ?

そもそもなぜ日焼けが肌に悪いのかと言いますと、紫外線を浴びると活性酸素が発生します。活性酸素が発生すると、肌を守るためにメラニンが生成されたり、活性酸素の攻撃によってコラーゲンやエラスチンが変性したりします。

メラニン生成はシミ・コラーゲン変性はシワの原因となります。
じつは老化の原因の8割は紫外線なんです。

日焼け止めで老化対策

肌を守るために「紫外線を防ぐ」のが従来の塗る日焼け止めでしたが、「メラニン生成」「コラーゲン変性」を防ぐことでも肌トラブルや老化を防ぐことはできるのです。

そして、この方法に注力しているサプリメントが、いわゆる飲む日焼け止めなのです。

食べ物でも防げる

もちろん食品からも日焼け対策はできます。活性酸素を除去する「抗酸化物質」を含め食材は、塗る日焼け止めと同様、メラニン生成やコラーゲン変性を防いでくれます。

ビタミンA、ビタミンC、ビタミンE、ポリフェノールなどが抗酸化成分です。これらはカボチャやトマトに多く含まれています。

夏場に外出が続いたときなんかは冷やしトマトでも食べて、肌をリフレッシュさせましょう!

まとめ:飲む日焼け止めの注意

上述のように、飲む日焼け止めは厳密にいえば日焼け止めではありません。ちゃんと日焼け止めを塗らないと、肌は真っ赤になります。

しかし、日焼けによる老化を予防してくれる効果はあります。よって塗る日焼け止めと併用することで、万全な日焼け対策ができます。

関連記事

  1. チャコールダイエットで痩せる仕組み

  2. 話題のチャコールクレンズのお勧めの飲み方

  3. コラーゲンドリンクで改善しなかった肌のハリがDMKで改善した

  4. ケイ素サプリメントで肌トラブルを解消【男性:体験談】

  5. スーパーザイムを1本1ヶ月ほど飲んでみた感想

  6. DMK(ケイ素サプリメント)で骨密度が回復