インディバの副作用について

度々質問にあがるインディバの副作用についてですが、全くないとはいえません。

そこで、今回は、インディバの副作用や安全面について調べてみました。

体質改善やセルライトケアに効果があると評判のインディバですが、その原理はラジオ波を使った痩身技術です。

インディバの副作用

ラジオ波を身体に照射すると、体内の分子が細かく振動し、その振動が摩擦熱(ジュール熱)を発生します。これにより細胞の奥深くから温める事ができます。

部位によっては、7度の上昇も期待できます。体温は1度上がると免疫機能もかなり改善されるといわれているので、ラジオ波の効果がどれだけすごいかが分かると思います。

医療機器としても使用されるラジオ波

ラジオ波は現在、がん治療などの温熱療法としても活用され、その他美容分野でも取り入れられている技術です。

メスを使用せず、体内脂肪に効果を与えることができるため、クリニックでもメタボリックシンドロームやアンチエイジングに積極的に活用されます。

ラジオ波は身体に悪い影響はないの?

がん治療、アンチエイジング、メタボリックシンドローム、その他生活習慣病の予防などさまざまな医療分野でも積極的に活用されているラジオ波ですからインディバの身体へのリスクはほとんどありません。

ごく稀に火傷や内出血、むくみのリスクがありますが0.1%以下の確率です。

その他、軽い痛みがあったり、照射後に赤みが数時間でたりする事があります。いずれも、もともと負っていた怪我が原因になる場合がほとんどです。持病や怪我のある方は一度医師と相談してください。

また、施術前後で血液中の脂質異常を検査した文献もありますが、異常は見られなかったとあります。

本当に本当にインディバによる副作用は無いの?

「発疹が出た!」「赤みが出た!」など、これまでにもラジオ波痩身で副作用が報告されていたのは事実です。ラジオ波自体は身体への悪い影響はないものの、仕様している機材によって金属アレルギーを起こす可能性があります。

金属アレルギーの人は、ラジオ波を全く利用できないのか、というとそういうことでもありません。ラジオ波痩身による副作用が、機材による金属アレルギーであることがはっきりとしているのですから、金属アレルギーを持っている方は、マシン選びに注意をするといいのです。

金属アレルギーになりやすい金属は、ニッケル、コバルト、クロム、亜鉛、マンガン、銅となりますので、それ以外のチタン、銀、プラチナ、金などが使用されるマシンを選ぶといいでしょう。

スポンサーリンク