うなじを温めて肩こりを改善

うなじと肩こり

うなじには自律神経が通っています。この自律神経が正常に働いていないと、頭痛や肩の痛み、さらには肩こりといった症状が出てしまいます。自律神経のバランスを整えて、肩こりを改善するためには、うなじを温めるのが効果的とされています。

また、うなじの周辺には太い動脈がいくつも集まっているので、そこを温めると血管が拡張されて、それまで滞っていた血液が、スムーズに流れるようになります。これによって、肩こりや頭痛が軽減されます。

うなじの防寒を

うなじを冷やしてしまうと自律神経が乱れ、様々な体調不良につながります。

寒さが厳しくなった今日この頃。外出するときはマフラーやネックウォーマーを巻いて、しっかりと首元(うなじ)を防寒しましょう。

温める方法

うなじをあたためる方法は、いたって簡単。うなじに蒸しタオルをまくだけで良いのです。

  1. スポーツタオルを1枚用意してください。
  2. 水、又はお湯でタオルを濡らして下さい。
  3. レンジで1分30秒ほど温めましょう。
  4. 絞ったら完成です。

完成した蒸しタオルをうなじにあて、3分ほど温めましょう。放置時間が長くなると、タオルが冷えて、逆に体温が奪われてしまいます。

衣類についてしまうと濡れてしまうので、ビニール袋に入れてください。
防水にもなりますし、冷めにくくなるのでオススメです。

【関連記事】

「温め」と「ほぐし」で皮下脂肪を分解してくれるハイパーナイフ。

最近では 整骨院や治療院でも導入されています。

奥までしっかりほぐしていけるそのパワーは、肩にかければ凝り固まった筋肉もほぐすことができます。たった1回の施術でも肩こりが驚くほど改善します。

 

スポンサーリンク