海外でエステティシャンとして活躍するには?需要や必要な資格を紹介

世界には、最先端の美容施術を行う国や、美容に対して日本にはない価値観を持つ国がたくさんあります。日本で従事するエステティシャンの中には、ゆくゆくは海外に活躍の場を移し、日本では学べないスキルや考え方を学びたいと考える方もいるのではないでしょうか。

【海外のエステ事情とは?】
まずは海外のエステ事情について紹介します。エステの需要は世界的に高まっている観光客向けのエステは人気が高い日本人エステティシャンは重宝される

エステの需要は世界的に高まっている日本では、今やエステは年齢や性別に関係なく幅広い客層に利用されるサービスとなりつつありますが、海外でも以下のような背景から同様の傾向が見られます。

美容に関する情報を入手しやすくなっているエステがヘルスケアの一環としても注目を集めているインターネットやSNSの普及、美容に関する情報を発信する有名人やインフルエンサーの増加などをきっかけとして、誰でも簡単に美容の知識を得られるようになりました。美容の知識を得ることで自然と美意識が高まり、エステの施術に関心を寄せる方が増えています。

発展途上国では特に、平均寿命の伸びとともに「長く健康で美しくいたい」という考え方が広まっています。そのため、ヘルスケアを目的としてエステを利用する方が増えているようです。

観光客向けのエステは人気が高い感染症の流行で落ち込んだ海外旅行の需要が回復しつつある今、観光客向けのエステサービスの需要は高まっています。観光に力を入れている国では特に、観光客に旅行の疲れを癒してもらうためにエステの施術を提供するサロンやリゾート施設が増えています。また、美容に関する情報を気軽に入手できる今、海外の美容文化に触れて実際に体験してみたいと考える方も多く、美容を目的とした旅行の需要も高いです。こうしたニーズに応えるため、エステの本場フランスや美容大国と名高い韓国といった美容が盛んな国では、質の高い美を提供するためのサービスを提供する店舗も多くあります。

日本人エステティシャンは重宝される美容文化が大きく異なる海外では、日本人エステティシャンは活躍の機会を得られないのではないかと考える方もいるかもしれませんが、決してそのようなことはありません。日本人エステティシャンは、以下のような点が評価されて海外で重宝されています。

・日本人ならではのおもてなし
・繊細で丁寧な施術スキル
・日本人観光客に対してのスムーズな接客

エステの需要が高いと言われているイギリス、ベトナムやインドネシアといった東南アジアの国々などでは特に、日本人エステティシャンの活躍の場が広いと言えるでしょう。エステサロンやリゾート施設の他、国境を越えて旅をするクルーズ船でも活躍できます。

【海外でエステティシャンとして勤務する方法】
海外でエステティシャンとして勤務するための手段として、以下の4つが挙げられます。

1. 海外支店がある日本のサロンに就職する
2. 就職エージェントを活用する
3. ワーキングホリデー制度を利用する
4. 海外の求人サイトを利用する

海外に進出している日本のエステ企業に就職すれば、国内で実績を積んで海外で活躍するというキャリアをスムーズに実現しやすいです。海外での研修や現地スタッフからの手厚い指導を受けられる場合が多いのも大きなメリットだと言えます。採用活動に不安を感じている方は、充実したサポートを受けられる就職エージェントを利用すると良いでしょう。

実践的な経験を積めるワーキングホリデー制度を利用する場合も、留学先によっては就職のサポートを受けられることがあります。海外の求人サイトの魅力は、多くの求人を比較できる点です。しかし、大半の求人が外国語で掲載されているため、雇用条件や業務内容といった重要なポイントを見落とさないよう入念に確認することをおすすめします。

【エステティシャンとして海外勤務する際の注意点】
職種に限らず、海外で長期間勤務する際には就労ビザの取得が必須となります。海外展開している日本のエステ企業に勤務する場合は、会社が取得を代行してくれることが一般的です。しかし、自身でビザを取る場合は注意しなければなりません。

就労ビザの取得条件や発給にかかる時間は、国によって異なります。ビザの申請が却下される可能性はゼロではないため、ビザの取得が間に合わず指定された日に勤務できなくなってしまうケースも考えられます。大使館や領事館のホームページで取得条件を確認したり、ビザの発給スケジュールを考慮して余裕を持って勤務開始日を設定したりしておくと安心です。ビザの取得が難航するのを防いだり、ビザの発給が遅れても予定通りに勤務を始めたりできます。

【海外で多様な文化・スキルを吸収してみよう】
海外でエステティシャンとして活躍するためには、日本で働く場合に比べて多くの知識やスキルを身に付けなければなりません。しかし、美に関する多様な価値観に触れられる、日本では得られない高度なスキルを身に付けるといった、やりがいの大きい選択肢です。

国を超えて活躍できるエステティシャンを目指すためには、以下のポイントを押さえておくことが重要です。

・コミュニケーション力: エステティシャンとしてのコミュニケーション力は欠かせません。お客様との円滑なコミュニケーションを図り、信頼関係を築くためには、柔軟な対応力が求められます。

・英語力: 現地のお客様や日本以外からの観光客を接客する際には、英語力が必要不可欠です。日常会話を問題なくこなせるレベルの語学力を身に付けることが求められます。

・異文化の理解: エステや美容に対する考え方は、国によって大きく異なります。現地の文化や美容トレンドを理解し、お客様のニーズに応えるためには、異文化に対する理解が必要です。

・資格・ライセンスの取得: 海外でエステティシャンとして働くためには、国際的な資格やライセンスを取得することが有利です。国によって求められる資格やライセンスが異なるため、目指す国に合わせた取得を検討しましょう。

海外でエステティシャンとして活躍するためには、チャレンジ精神と継続的な学びの姿勢が重要です。海外で働くことで得られる経験やスキルは、自身のキャリアに大きく貢献することでしょう。ぜひ、海外での活躍を目指して、一歩踏み出してみてください。

関連記事

  1. エステティシャンとして成功する秘訣とは何か?

  2. ハースケジュールの財布の口コミ・評判とアタオとの違いを徹底解説!

  3. ハイパーシェイプの吸引によって、体内の必要な脂肪まで失われる危険性は?

  4. 首の毛穴が目立つ方向け!首の毛穴ケア3選

  5. 業務用美容機の輸入代行とは?危険性・リスクをご紹介

  6. ピチットシートはどこで買える?おすすめの販売店はこちらです