糸リフトのダウンタイムは長い?経過や対処法を解説

糸リフトは、専用の細い糸を使用してフェイスラインのリフトアップを実現する美容施術です。効果が高い一方で、施術後のダウンタイムが気になる方も多いでしょう。この記事では、糸リフトのダウンタイムの経過や、その期間を少しでも短くするための対処法について詳しく解説します。これから糸リフトを受ける方や、施術後のケアについて知りたい方にぜひ参考にしていただければと思います。

 

糸リフトのダウンタイムの経過を解説

糸リフトのダウンタイムは、施術後から1ヶ月程度かかると言われています。この期間中には、さまざまな症状が現れることがありますので、それぞれの段階について詳しく説明します。

直後~翌日:痛みが強い

施術直後から翌日にかけては、麻酔が切れたタイミングで糸を挿入した箇所の痛みが強くなることが多いです。この時期には痛み止めを使用し、できるだけ安静に過ごすことが大切です。

また、麻酔の影響で顔がむくんだり、口が開けづらくなったりすることもあります。これらの症状は一時的なものですが、無理をせずにゆっくりと過ごすようにしましょう。

2~3日後:腫れのピーク

施術後2~3日目には腫れがピークを迎えます。また、内出血が出始めることもありますが、多くの場合メイクでカバーできる程度です。この時期には、外出時に軽いメイクを施して腫れや内出血を隠すと良いでしょう。

1週間後:腫れや痛みが落ち着く

施術から1週間が経過すると、腫れやむくみが徐々に落ち着き、リフトアップ効果やフェイスラインのすっきり感を実感できるようになります。また、口の開けづらさや違和感にも徐々に慣れてくる時期です。この時期には、通常の生活に戻ることができるようになります。

1ヶ月後:ダウンタイムの終了

施術から1ヶ月が経過すると、顔のひきつれ感や違和感がなくなり、ダウンタイムが終了となります。もし1ヶ月経っても何か気になる症状があれば、クリニックの医師に相談しましょう。

 

糸リフトはまわりにバレやすい?

糸リフトはその効果の大きさから、施術後の変化が周囲にバレることもあります。特に、しっかりとしたリフトアップ効果を求める場合は、その変化量が大きいため、気づかれる可能性が高くなります。

ナチュラルに仕上げる方法

施術を行う医師に相談すれば、周囲にバレない程度にナチュラルに仕上げることも可能です。ただし、その分リフトアップ効果が持続する期間が短くなることがあります。変化はほしいけど、できるだけ周囲にバレたくないという方は、腫れが落ち着くまでの1週間程度はマスクで隠すと良いでしょう。

カモフラージュする方法

腫れや変化をカモフラージュするためには、メイクやヘアスタイルを変えるなどの工夫も有効です。例えば、髪を下ろして顔周りを隠すヘアスタイルにしたり、明るめのメイクを施すことで変化を目立たせなくすることができます。

 

糸リフトのダウンタイムを少しでも短くする方法

糸リフトのダウンタイムを少しでも短くするためには、いくつかの方法があります。以下に、その具体的な方法を紹介します。仕事を長く休めない方や、辛いダウンタイムを軽減させたい方はぜひ参考にしてください。

激しい運動や入浴を避ける

施術後1週間程度は激しい運動や入浴を避けましょう。これらの行為は血行を促進し、痛みや腫れを増長させることがあります。腫れや痛みが落ち着いてきたら、軽い運動や短時間の入浴から徐々に再開してください。

枕を高い位置にして眠る

頭を心臓より高い位置にして眠ると、むくみを軽減させることができます。さらに仰向けでできるだけ寝返りをしないようにし、糸の挿入箇所に負担をかけないようにしましょう。

口を大きく開けない

施術後1週間程度は口を大きく開けないようにしましょう。口が開けづらい状態で無理に開けると、挿入した糸が切れたりズレたりする可能性があります。食事の際は、小さく切って食べるなど、できるだけ負担がかからないようにしましょう。

辛いときは痛み止めを使用する

痛みが強い場合は、無理せず痛み止めを服用しましょう。痛み止めには鎮痛作用だけでなく炎症を抑える効果もあります。痛みを我慢するよりも、適切に薬を使用することで早く回復することができます。

 

糸リフトの効果を最大限に引き出すためのアフターケア

糸リフトの効果を最大限に引き出すためには、施術後のアフターケアも重要です。以下に、具体的なアフターケアの方法を紹介します。

保湿をしっかり行う

糸リフト後は肌が乾燥しやすくなるため、保湿をしっかり行うことが重要です。保湿クリームやセラムを使用して、皮膚の乾燥を防ぎましょう。

紫外線対策を徹底する

施術後の肌は敏感になっているため、紫外線対策を徹底することが必要です。外出時には日焼け止めを塗る、帽子やサングラスを着用するなどの工夫をしましょう。

 

糸リフトのリスクと注意点

糸リフトは効果が高い一方で、いくつかのリスクや注意点も存在します。事前にこれらを理解しておくことが重要です。

感染のリスク

糸リフトは皮膚を切開するため、感染のリスクがあります。施術後はクリニックから指示された抗生物質をしっかりと服用し、清潔を保つようにしましょう。

アレルギー反応

糸に対するアレルギー反応が出ることがあります。施術前に医師としっかりと相談し、自身のアレルギー歴を伝えることが重要です。

 

まとめ

糸リフトは、専用の細い糸を使用してフェイスラインのリフトアップを実現する美容施術です。施術後のダウンタイムは1ヶ月程度かかりますが、適切なケアと対策を行うことでダウンタイムを少しでも短くし、効果を最大限に引き出すことが可能です。施術を受ける前に、リスクや注意点をしっかりと理解し、医師と十分に相談することが大切です。これから糸リフトを受ける方や、施術後のケアについて知りたい方にとって、この記事が参考になれば幸いです。

関連記事

  1. ラッシュアディクトはどこで買える?【購入のみでも可能?】

  2. 上田の二郎系ラーメンマップ!インスパイア系から本家まで6店舗を網羅

  3. 【サロン用シミ取り機器】オセロの特徴やメリット・デメリットをご紹介

  4. amazonプライム会員の知られざる落とし穴!損をしないために知るべきこと

  5. フォースカッター、長期的な使用で体に悪影響はないの?

  6. V3ファンデーションを使い続けた結果は?【やめたらどうなるの】