美顔のプロが伝授!効果的な口ゴボ改善トレーニング完全ガイド

口元が前に出ている「口ゴボ」は、多くの人にとって見た目の悩みの一つです。この記事では、口ゴボの原因と、それを改善するための効果的なトレーニング方法について詳しく解説します。

 

口ゴボとは?

口ゴボの定義と見た目
口ゴボとは、横から顔を見たときに口元が前に突出している状態を指します。この状態は、Eラインという美しさの指標から外れていることを意味します。Eラインとは、鼻先と顎先を結んだライン上に唇が重なると美しいとされるラインです。口ゴボの人はこのラインを超えて前方に突出している状態です。

口ゴボの種類
口ゴボにはいくつかの種類があります。以下のような形で分類されます。

①上顎前突: 上顎部分が前に突き出ている状態。
②上下顎前突: 上顎だけでなく、下顎も一緒に前に突き出ている状態。
③下顎形成不全: 下顎骨が発達せず、小さいために口ゴボのように見える状態。
④顎関節の歪み: 顎関節自体の歪みによって、口ゴボのように見えるケース。

 

口ゴボの原因を解剖学的に解説

上顎前突
上顎前突は、出っ歯とも呼ばれる状態で、上顎部分が前に突き出ていることが原因です。この状態は遺伝的要因や成長過程での不適切な習慣(例えば、長期間の指しゃぶり)によって引き起こされることがあります。

上下顎前突
上下顎前突は、上顎と下顎の両方が前に突き出ている状態です。この場合、口全体が前に出ているため、Eラインから大きく逸脱しています。

下顎形成不全(顎変形症)
下顎が小さいと、相対的に上顎が前に出ているように見えることがあります。これは、遺伝的要因や成長過程での発育不全が原因です。

顎関節の歪み
顎関節の歪みも口ゴボの原因となることがあります。顎関節が左右非対称に歪むと片側が前に出てしまい、口ゴボのように見えることがあります。

 

口ゴボを治すためのトレーニング方法

姿勢・頸部のトレーニング
まずは首と姿勢のトレーニングから始めましょう。ストレートネックの人は下顎が引っ張られ、口ゴボの原因となることがあります。

①姿勢を正して座る。
②首を前に突き出す。
③そのまま後ろに引いて5秒間キープ。
④これを20回ほど繰り返す。

このトレーニングを行うことで、首の位置が改善され、口ゴボが少しずつ改善する可能性があります。

顎関節のトレーニング
次に、外側翼突筋を鍛えるためのトレーニングを行います。これにより、下顎が前に出ることで口のラインが整います。

①顎を前に突き出して5秒間キープ。
②元に戻して左前に突き出して5秒間キープ。
③元に戻して右前に突き出して5秒間キープ。
④これを30回程度行う。

このトレーニングを行う際に、顎関節に痛みを感じた場合はすぐに中止するようにしてください。

 

口ゴボの改善に必要な治療法

歯科矯正
上顎前突や上下顎前突のケースでは、歯科矯正が必要となります。歯の位置を正しく整えることで、口ゴボが改善されます。

骨切り手術
下顎形成不全(顎変形症)の場合、骨切り手術が必要となることが多いです。この手術により、下顎の位置を正しく調整することができます。

トレーニングでの改善
軽度の口ゴボであれば、トレーニングでの改善も期待できます。特に顎関節の歪みが原因の場合は、トレーニングによって顎の位置を調整することが可能です。

 

口ゴボトレーニングの効果を最大限に引き出すために

継続が鍵
トレーニングは一日や二日で効果が出るものではありません。少なくとも1ヶ月程度続けることで、徐々に改善が見られるでしょう。

正しい姿勢を保つ
日常生活でも正しい姿勢を保つことが重要です。悪い姿勢は口ゴボを悪化させる可能性があります。

専門家のアドバイスを受ける
自己流のトレーニングでは効果が出にくい場合もあります。専門家のアドバイスを受けることで、より効果的なトレーニング方法を知ることができます。

 

まとめ

口ゴボは見た目の悩みだけでなく、健康にも影響を及ぼす可能性があります。今回紹介したトレーニングを継続することで、部分的な改善が期待できます。しかし、重度の場合やトレーニングでは改善が見られない場合は、専門家の診断と治療を受けることをおすすめします。まずは自分の状態をよく理解し、適切な方法で改善に取り組んでみてください。

関連記事

  1. プロフェッショナルユース ハーブティーセレクションで8種類から選ぶ美味しいデトックスタイム

  2. プロ絶賛の仕上げ力!ノンFシェイプEXでボディメイク完成

  3. 引き寄せの法則を信じた結果起こる7つのこと

  4. エステプロラボのハーブティーで見つける、あなただけの美容ルーティン

  5. リュクスのオーダーメイド痩身で理想のボディを手に入れた体験談

  6. 【サロン用シミ取り機器】オセロの特徴やメリット・デメリットをご紹介