紹介の特典は「割引」より「サービス」を

紹介を促進するために、紹介によって来店してくれたお客様に対して、なんらかの特典をつけるサービスを提供しているサロンは多いのではないでしょうか。

なかでも「割引」を特典として提供することは、やはりお客様には魅力的です。

しかし、紹介をしてくださったお客様に対しても割引をするのはあまりオススメしません。

紹介来店の流れ

そもそも紹介とは、

お店の雰囲気が良かった!とにかく技術が高い!スタッフの接客に感動した!

と、お客様があなたのお店の口コミを友人・知人に広めていき、興味を持ってくれた方に対して「そういえば、私の紹介で行けば割引きしてくれるよ!」という流れで来店につながります。

紹介してくれる人の特徴

そして、紹介してくれる人は誰かに話すことが好きな人です。

そのような人に紹介割引をしてしまうと「あなたを紹介したら私も20%OFFになったの!」という話は、あたかも「友達を売った」ような内容になってしまうので、人に話しにくくなってしまいます。

紹介してくれたことに割引をしようとしたところ、「え、いいのよそんなのー」と、断られるケースも多々あるそうです。

意外かもしれませんが、紹介してくれたお客様への割引はあまり魅力的な特典ではありません。

サービスの提供

とはいえ、なんらかの形で感謝は伝えたいですよね。

そこで、紹介してくれた人には割引ではなくサービスを特典として提供します。

例えば、

  • 美容室ならヘッドスパやトリートメント
  • 整骨院なら美容メニューなどの自費診療
  • エステサロンなら1ランク上の施術メニュー

「このまえ 新しいお客様を紹介いただいたんで、今日はサービスしますよ!」

と、さりげなくサービスします。

 

このような紹介特典は「え、いいのよそんなのー」と、断られるケースはほとんどないようです。

割引のようにお金との関連が低くなるので「友達を売った」ような意識も低くためだと考えられます。

 

嬉しいことに、紹介してくれる人はこの体験談をさらに別の人に宣伝してくれます。

紹介してくれる人は大切にしましょう。

エステティシャンなら一度は通っておきたいサロン【経営者も必見】

2019.06.14

スポンサーリンク