コースが終わった後もエステサロンに通ってもらう方法

回数券やコースという仕組みは「最初のまとまった来店回数」を担保しやすくなる代わりに「回数券やコースが終わった後の継続来店」は、しにくくなります。

特に痩身コースでは、いわゆる「卒業」をしてしまうお客様が現れます。(本来は喜ぶべきことなのですが)

とはいえ、やはり回数券やコースを終えたあとでも、通っていただけるものなら通い続けてもらいたいものですよね。

やってはいけない促し

ダイエットだけで来店してもらおうとしない

「理想の体型まであと少し』という理由で継続来店を促すことは絶対に止めてください!

あなたがどのようなプレゼンをしてコース契約を購入してもらったかはわかりませんが、それでもお客様は「コースを終えれば痩せられる・理想の体型になれる」くらいのことを期待して契約を決心します。

それなのにコースを終えた直後

「〇〇さんはまだこことここのサイズが気になりますね。この部分はもう少し通わないと落ちないんですよ。だから、もう少し継続して来店してスッキリ整えましょう?」

なんて言われちゃうと「え?痩せるって思ったから契約したのに・・・」と、少し気持ちが萎えちゃうんですね。

ダイエットを理由にリピートを促すのはやめましょう。

さらなるボディメイクを促す

では、ダイエットでないならどういった理由が良いのかというと

「予防・維持」あるいは「さらなるボディメイク」

どちらかの感情を刺激することで継続来店を促します。

最初のコースでしっかり痩せられたことを伝え、そのうえで「痩せたからこそ継続来店しよう」と伝えます。

「もうこんな風にならないように定期的にメンテナンスで通いませんか?」とか「せっかく痩せたので、今度は引き締まったボディラインを作っていきませんか?」

といった具合に予防や向上というステージに変化させていきます。

 

エステティシャンなら一度は通っておきたいサロン【経営者も必見】

2019年6月14日

スポンサーリンク