顔のたるみとは?原因・対策・予防について

顔のたるみとは、女性のお肌の悩みの中でも、特に気になる方が多い症状です。

お肌の悩みとして、ニキビ、毛穴の目立ち、シミ、シワ、日焼け、肌荒れなどもありますが「たるみ」は特に悩む方が多く、加齢と共に誰もが目立ってきてしまうものです。

目元(目の下)や、口元(口の両端、アゴ周り)が最も目立ちやすいですが、他にもオデコや首元にも見られます。



顔のたるみの原因とは?

最も大きい原因とされるのは、顔の弾力、筋力の低下です。

肌の真皮層というところにコラーゲンやヒアルロン酸などの栄養が届かなくなったり、表情筋が衰えていくことで、たるみの他にもくすみやシワなども原因となります。

これは主に加齢と共にどうしても進行していきますが、他の原因として、脂肪の蓄積や姿勢の悪さなども挙げられます。脂肪があると重力に耐えられずたるんでしまいます。

また、間違った姿勢が続くと筋肉の付き方のバランスが悪くなり、たるみの原因となります。

顔のたるみの対策とは?

出来てしまったたるみに対して、取れる対策は主に2つです。

1つ目は美顔器の使用です。肌をくりかえし持ち上げることでたるみをなくしつつ、血行の改善ももたらします。美顔器はドラッグなどでも売られているため、気軽に試すことができます。

もう1つの対策は、美容医療です。メスを使うものと使わないものがあります。

メスを使うものは、直接たるみの元を取り除くので、効果が大きくその後も効果が続きますが、失敗した場合のリスクが大きく、医療費も高めです。メスを使わない治療は、レーザーや注入によるもので、持続効果は短いものの、たるみの治療としてはメジャーなものです。

また、美容と医療の中間として「メディポレーション」などもおすすめです。

顔のたるみの予防とは?

一番良いのは、そもそも顔のたるみが出来ないように日々の生活で予防をしていくことです。食生活ではたんぱく質、ミネラル、ビタミンを意識して摂取することで予防に役立ちます。

また、筋肉をつけ、脂肪をつけないように注意する必要があるので、「顔ヨガ」などを取り入れて出来るだけ顔の肌を動かすようにします。規則正しい運動や、睡眠時間の確保は、女性の安定したホルモンバランスには欠かせないので、生活の基本として最も意識したい部分です。

 

スポンサーリンク