ヨーグルトは毎日どのくらい食べればいい?目的によって違う摂取量

丁度いい量を食べることが重要

ヨーグルトは、健康や美容によいとされていますが、実際に毎日どれぐらいの量を食べればいいのか分からないという人も多いでしょう。

少ないと効果が期待できませんし、多すぎるとお腹を壊してしまうこともあるため、丁度いい量を知っておくことはとても重要です。そして丁度いい量というのは、どんな目的で食べるのかによっても変わってきます。

健康維持が目的の場合

特別な効果を期待するわけではなく、単に健康維持を目的にヨーグルトを食べる場合は、1日に100g程度の量を食べるとよいとされています。

100gというのはカップ1個分の量ですので、食後の口直しや、ちょっとしたおやつとして手軽の食べることが出来る量だと言えるでしょう。

また、100g以上食べても特に副作用があるわけではないため、ヨーグルトが好きな場合は、食べ過ぎない範囲で楽しむとよいと言えます。

便秘の解消が目的の場合

女性の中には便秘を解消するためにヨーグルトを食べるという人も多くいますが、その場合は、1日200~300g程度の量を食べる必要がある言われています。

ただし個人差があるため、この量では効果がないという場合は、少しずつ量を増やしていくとよいでしょう。また、ヨーグルトは1度に食べるよりも、朝と晩などの2回に分けた方がよいとも言われています。

腸内環境を整えたい場合

お腹が弱い人などは、腸内環境を整えるためにヨーグルトを食べる場合がありますが、その場合も、1日200~300g程度の量がよいとされています。

腸内環境を整えるには、乳酸菌やビフィズス菌などの善玉菌が常に腸内になくてはならないため、ヨーグルトも大量に食べた方がよいと考えがちです。

しかし大量に食べても効果が上がるわけではないため、200~300g程度が丁度いいと言えます。

サプリメントで継続

毎日食べ続けるのは意外と大変です。

そこでおすすめなのは乳酸菌サプリメント。

最近ではスティックタイプのものもあり、簡単に乳酸菌を摂取できます。

↑こちらは毎日1包食べるだけです。

商品詳細
乳酸菌1,000億個配合!たらみのスティックゼリー

スポンサーリンク