セルライトケアにはラジオ波とキャビテーションの複合機がおすすめ

切らない脂肪吸引

エステサロンのサイトやチラシでよくみかけるキャビテーションは、「切らない脂肪吸引」とも呼ばれており、セルライト・脂肪のケアに効果があるトリートメントです。

そもそもどうしてそう呼ばれているかご存知ですか?

キャビテーションとは、超音波を利用して体内の脂肪細胞内に気泡を発生させ、浸透圧を変えることによって脂肪細胞壁を破壊し、溶解させていくといったものです。

そのため、体を傷つけずに脂肪細胞を除去できるので切らない脂肪吸引と呼ばれているのです。

キャビテーションの効果とは

キャビテーションは脂肪そのものだけでなく、脂肪細胞が老廃物と硬く絡み合ったセルライトの塊にアプローチできるのです。太ももの裏や二の腕など、一度ついてしまったセルライトはハンドの揉み解しなどのセルフケアで落とすのはほぼ不可能といわれています。

更に、ぼこぼこしたセルライトは血管やリンパ管を圧迫し、老廃物を蓄積させたりむくみや冷えの原因ともなります。キャビテーションでセルライトをケアするだけで、血流やリンパの流れ、老廃物も同時にケアできるのです。

ラジオ波も同時照射できるキャビテーション

現在キャビテーションは複合機が様々発売されていますが、その中でもおすすめはラジオ波が同時に照射できるキャビテーションです。

キャビテーションのみでももちろん効果はありますが、ラジオ波がついているのがベストです。キャビテーションと同時にラジオ波を照射することにより、血流を良くなり、リンパの流れや老廃物のケアをより効果的に行えます。

キャビテーションは脂肪細胞の溶解を行うことはできますが、流すことができません。ラジオ波を使用することで「流す」ことが可能になり効果的なトリートメントが実現します。

是非、キャビテーションを選ぶ際にはラジオ波付のものを選びましょう。

 

参考:3倍の痩身効果を発揮するエステ機器「セルライトゼロ」

関連記事

  1. キャビスパで太ももの部分痩せはできるのか?

  2. 【ハイフの危険性について】呼び方を変えてまだ使用されていた

  3. キャビスパとキャビテーションエステの違いは?

  4. キャビテーションサロン「Vitule-ヴィトゥレ-」の感想

  5. キャビスパの副作用

  6. キャビフルとキャビテーションの違いとは?