糖尿病の人はハイパーナイフを受けられないかも

ハイパーナイフは高周波とマッサージで脂肪を溶かしていくマシンです。

当然ながら血管に強い圧がかかりますし、肝臓にも負荷がかかります。普通の人なら大丈夫ですが、糖尿病の人はハイパーナイフを受けられないことがあります。

以下に糖尿病の人がハイパーナイフを受けられない、主な2つの理由を挙げていきます。


1. 糖尿病と血管

糖尿病になると血管がもろくなります。

糖尿病になると、血管の中は血糖値が高い状態が続きます。血糖値が高い状態は、血管を傷つけたり、血液をドロドロにしたり、さまざまな負担を血管に与えます。糖尿病は、長い時間をかけて血管をボロボロにしていく病気とも言えます。

重度の糖尿病の人は、血管が切れやすくなっているので、ハイパーナイフによる施術は危険です。

2. 糖尿病と肝臓

ハイパーナイフによって溶けた脂肪は肝臓で処理されます。普段以上に肝臓への負荷が大きくなります。

肝臓は、インスリンがすい臓でつくられるための原料となる栄養素を供給しています。そのため肝臓の働きが悪くなると糖尿病が悪化するのです。

過度の食事や飲酒を制限されるのはこのためです。

病状の目安

糖尿病の人にとって、ハイパーナイフの強力な痩身効果は裏目に出てしまいます。

もちろん病状によるので、受けられることもあります。

1つの目安として、糖尿病で薬を飲んでる・注射している人は断られます。

黙っていればバレませんが、上記のようなリスクがあるので、正直に話しましょう。

程度の場合なら、1ヶ月に1度などの頻度で受けられることもあります。
お医者さんに相談してみるといいですね。

 

スポンサーリンク