ハイパーナイフってインプラントの人が受けても大丈夫?

「インプラントの人はハイパーナイフを受けられません!」

時々、ハイパーナイフの注意事項をお店で見かけます。

火傷

インプラントは金属を使用しています。

金属がハイパーナイフのラジオ波(高周波)によって加熱されてしまい、火傷の危険性がある!

とのこと。

ビリビリする

ラジオ波(高周波)は電気です。

インプラントに使用されている金属にこの電気が流れ「ビリビリする」ことも懸念されます。

歯科医の友人に聞いてみた

が、歯科医の友人から聞いたのですが、ハイパーナイフ(ラジオ波温熱器)はインプラントが入っている部位に使用しても、ほとんど問題はないようです。

ジュール熱

ハイパーナイフは電気抵抗によるジュール熱によって温熱効果を生みます。このジュール熱は電気が流れやすい金属では発生しません。

非接触

金属は電気を流します。しかし、直接接触させなければなりません。

ハイパーナイフをインプラントに直接接触させているわけではないので、電気が流れる可能性はとても低いでしょう。

金属は温まりやすい

「インプラントの部分が熱くなった!」

実際にこのような話は聞いたことがあります。

金属は人のカラダよりも熱しやすいためです。

人のカラダは「水」です。水と金属なら、金属の方が温まりやすいですよね。

皮膚が温まることで、その温度を奪いインプラントの温度が上がっていきます。

これが「インプラントの部分が熱くなった!」原因です。

まとめ

ハイパーナイフがインプラントに直接影響を及ぼすことはありません。

しかし、実際に施術をするとなると、インプラントが温まりすぎないようなテクニックが必要になります。

エステティシャンの方と相談してみましょう。

スポンサーリンク