セルフエステでのフォースカッターに危険性はないのか?

ボディアーキ

月額1万円でエステマシンを受け放題のセルフエステスタジオ「ボディアーキ」にはフォースカッターが導入されています。

痩せたい部位に自分でフォースカッターをかけられるセルフエステですが、危険性はないのでしょうか?

フォースカッターと健康被害

フォースカッターには「ラジオ波」や「低周波(EMS)」が搭載されています。

これらの健康被害についてですが、エステに使用される「ラジオ波」や「低周波(EMS)」はもともと治療などに使用されていた方法です。

「発がん作用」「遺伝子異常」「不妊」などの健康被害につながる恐れはないので安心してください。

フォースカッターの危険性

フォースカッターで考えられる危険性は、次の通りです。

  • 火傷や内出血
  • 赤み
  • むくみ
  • かぶれ

ボディアーキでは施術説明動画を見ながらフォースカッターを使用します。動画は「安全第一」の設定で使用方法が流れています。なので、基本的に動画の通りにやれば安全です。

専用のアプリもあるので、事前にイメージトレーニングや練習もできます。

また、上記のトラブルはフォースカッターの副作用というよりも、もともと怪我をしていて皮膚細胞が弱っている部分に照射したこと・生理前で肌荒れしやすい時期に施術したことなどが原因になります。

セルフエステの安全性

自分のカラダを一番よくわかっているのは自分です。

「熱いな〜」と思えば出力を下げる。
「痛いな〜」と思えば圧を弱める。
異常を感じたらストップする。

安全でちょうどいい施術を自分でコントロールできるのセルフエステの利点です。

ちょっと熱いくらいが効くのかな?
痛いくらいが良いのでは?

と、無理な施術をしなければ危険はほとんどありません。セルフエステに限らず、筋トレやダイエットでも同じことです。

安全第一を心がけましょう。

 

スポンサーリンク