ウィンバックの効果と特徴

ウィンバックとはラジオ波エステに使われるマシンの一つです。

インディバやハイパーナイフが有名ですが、このウィンバックも革新的なマシンで、じわじわと話題を集めています。

ラジオ波エステ

ラジオ波とは、電磁波の一種で人の身体に流すと「ジュール熱」を発して、この熱で脂肪を燃焼してエステ効果をもたらします。

ちなみにラジオ波とは、電子レンジでも発生している電磁波です。

もちろん、電子レンジで発生している電磁波は、非常に強いため人の身体に使うのは怖いです。
ですので、クリニックやエステで使用されえているラジオ波は、非常に弱めた電磁波を体に当てます。

ラジオ波の種類は3種類

ラジオ波には、3つの波があります。

1:モノポーラー式
体に対極板を貼り付け、皮下の約2センチ奥の方までラジオ波を届けます。

2:パイポーラー式
モノポーラー式と比べ浅い部分、皮膚の表面部分にラジオ波を当てます。

3:マルチポーラー式
電極間の距離によって、浅い部分、深い部分にラジオ波を当てます。
要するに、マルチポーラー式は、モノポーラー式とパイポーラー式の両方の特徴を採用したものになります。

身体のどの部位に、効果をもたらしたいのかによって、使用する機器は変わってきます。

ウィンバックは、上記のどれとも違う方式でラジオ波を放出します。↓

ウィンバックのラジオ波

ウィンバックの最大の特徴は施術者の両手首に特殊なブレスレットを装着することで、手からラジオ波が伝わる「完全フリーハンド&ラジオ波施術」が可能な点です。

普通にマッサージしているように見えますが、写真のように手首にブレスレットをつけることで施術者の手からラジオ波も流れています。

ハンドマッサージの気持ち良さを残しつつ、ラジオ波施術もできるのです。

ウィンバックの効果とメリット

ウィンバックの効果についてまとめました。

1:ダイエット効果

ラジオ波によるジュール熱の発生で、気になる部位の脂肪を燃焼させることができます。人により気になる部位が違ってきますので、このような部分的な脂肪の燃焼は、魅力的といえす。

また、溶けた脂肪はハンドマッサージにより、体外に排出されるので、体内で固まる心配もありません。

2:アンチエイジング

ジュール熱により、コラーゲンを作る細胞が増えします。コラーゲンは、皮膚のたるみを防いでくれたり、ハリを与えてくれるため、アンチエイジング効果をもたらします。

3:代謝アップ

血行やリンパの流れを良くしてくれますので、代謝アップに繋がります。

4:その他

肩こりや筋肉のほぐしにも使われます。スポーツ選手やアイドルでも愛用している人はいます。

※欅坂46の菅井友香【ゆっかー】さんも使っているとのことで、話題になりました。

ウィンバッの副作用

ラジオ波は安全で効果が実証されているものですが、副作用を訴える利用者もいます。

まずは金属アレルギーを持った利用者です。ラジオ波を照射する電極部分の金属に反応します。

しかし、ウィンバックは「手から」ラジオ波を照射するので、金属アレルギーは関係ありません。

その他のごく少数の利用者で、副作用として、頭痛、眩暈、火傷、内出血、むくみがみられます。

また、妊婦の治療も子供に影響等がある恐れがあるため、禁止されています。

このように、安全とはいえ、少数の副作用事例がありますので、自分に合うのかどうかを確認する必要があります。

スポンサーリンク