欅坂46 菅井さんも購入していたエステ機器「ウィンバック」とは?

ウィンバック(WINBACK)

フランス製の最新のラジオ波機器で、温熱作用効果のある高周波治療機です。

欅坂46の菅井友香【ゆっかー】さんも使っているとのことで、ここ数日で話題になっています。

ニュース:https://www.zakzak.co.jp/ent/news/180813/ent1808137949-n1.html

 

筆者も以前に受けたことあるのですが、そのときの過去記事がバズっていました。

 

ラジオ波の効果

ラジオ波を体内に流すことによって体内に振動を起こし、その振動から発生する熱で皮下脂肪(セルライト)を溶かしたり、リンパの流れを良くしたりすることができます。

  • 部分やせ
  • セルライトの除去
  • 自律神経活性化
  • コラーゲン生成の促進
  • 代謝の向上
  • 低体温の改善
  • 血行促進
  • リンパの流れの促進
  • 老廃物の排出
  • むくみの解消

などの効果が期待されます。

実際に脂肪細胞が破壊されていたり、サイズが小さくなったりしているという事実が、海外の医学論文で発表されていますので、効果に対する信頼性も高いです。

参考:https://www.ncbi.nlm.nih.gov/pubmed/22466060

ウィンバックの特徴

このウィンバック。

ブレスレット型エレクトロードを両手首に装着することで“完全フリーハンド&ラジオ波施術”を実現しました。

どういうことかというと。

エステティシャンの手からラジオ波が流れるのです。

同じようなラジオ波機器・高周波治療では、インディバやハイパーナイフが有名です。

 

しかし、以下のような欠点がありました。

これまでのラジオ波マシン

これまでのラジオ波マシンは金属(電極)の間にラジオ波が流れることで温熱効果を出すものでした。

インディバは体の反対側に設置した電極の間を。

ハイパーナイフはプローブに埋め込まれた電極の間を。

そのため、

電極と電極の間でしか温めを行えない。
関節などの複雑な(電極を挟みにくい)部位には施術できない。

というデメリットがありました。

欅坂46の菅井さんはお尻の付け根に使っているみたいですが、この部位は施術がかなり難しいのです。

新しいラジオ波マシン

ウィンバックは「手」からラジオ波が伝わるので、関節のような複雑な部位にも施術可能。

これは従来のラジオ波マシンでは実現できなかった施術です。

アイドルやアスリートの方には嬉しいと思います。関節の凝りがほぐれ柔らかくなれば、その分、可動域が広がります。

運動やダンスのパフォーマンスは明らかに向上するでしょう。

 

手の当てられる部位ならどこでも施術できるウィンバック。菅井さんはこの特性を活かし、固まっていたお尻の付け根にも使っていたようです。

ウィンバックはこんな人におすすめ

運動やダンスをする方、いわゆる「アスリート」や「ダンサー・アイドル」といった方にはおすすめです。

練習・トレーニングだけでは限界があります。さらなるパフォーマンス向上を目指すのであれば、体のケアも大切になってきます。

手で行えるラジオ波マシン「ウィンバック」は、まさに かゆいところに手が届くマシンというわけです。

 

自分で買うと340万円(税別)するみたいなので、お店で受けた方が良さそうですね。

スポンサーリンク