これから整骨院がエステをはじめるのは大変?

整骨院がエステを始めることが増えているようです。

たしかに骨盤矯正がメニューにあるエステサロンは、もとは整骨院でした!ということがよくありました。

柔道整復師としての技術を活かした新しいビジネスモデルということですかね。

矯正メニューは美容・ダイエットとも相性が良いので、小顔あるいは痩身専門店にすれば、後発でもかなり優位な差別化になります。



エステは大変?

整骨院がエステをはじめるなら、以下3つが壁になるかと思います。

1.技術

エステは資格がいらないので、施術や技術的なことに関しては大変ではありません。むしろ整骨院の方が圧倒的に技術は上!

また、整体のプロによるカウンセリングは、エステサロンとは違った角度でのアドバイスを提供できるはずです。

エステマシン・痩身マシンを導入すれば、本格的なエステを提供できます。

2.サービス・接客

エステは内観や接客も込みで楽しむところです。

エステの時間だけは特別な存在として扱ってもらいたいもの。

エステティシャンが下にでなければならないことが多くあります。

対して、整骨院は先生と患者。

もともと上に立つことが多いサービスなので、最初はなかなかエステのような接客をするのは大変です。

「整骨院発のエステ」「整骨院プロデュースの痩身エステ!」として宣伝・紹介していくことが重要です。

3.集客

整骨院としてエステ客を集客するのは難しいです。

例えば、原則 ホットペッパービューティーに、整骨院として掲載することはできません。

整骨院はホットペッパービューティーに掲載できるのか?

2019.01.01

ホームページやSNSでは集客できますが。ホットペッパーの集客力に対抗するのではなかなか大変です。

詳しい話は省略しますが、要はエステ系の広告媒体から集客するためには、整骨院・接骨院という名前を捨てなければいけません。

多くの接骨院は、ホームページだけで集客したり、別店舗としてエステサロンを作ったりしています。

まとめ

技術的な障壁はないと思います。施術・カウンセリング・指導などは、むしろエステティシャンよりも上!

1番の壁は『ルール』になるでしょう。広告の規制もそうですが、接客のマナー・ルールなども大きく変わります。

エステティック協会などでも定期的に勉強会が開催されているので、整骨院の先生は 一度は参加してみるのもいいかもしれません。

また何か思いついたら本記事に追記・修正していこうと思います。

スポンサーリンク