顔のたるみは使っていない筋肉を鍛えることで改善できる

顔がたるむ原因とは?

顔がたるむとほうれい線が目立ったり目じりが下がったりして一気に老けて見えてしまいます。口角まで下がると、いつも怒ったような表情になってしまいとても損ですよね。

顔のたるみの原因は、加齢や乾燥、紫外線の影響など多様ですが、顔の筋肉を使っていないことも大きな原因の一つです。

普段使っていない表情筋を鍛えるだけで、たるみを改善し、若返りをかなえることが期待されます。

顔のたるみを改善する筋トレ

使っていない表情筋を鍛える筋トレはとても簡単です。頬のたるみに効果的なのが、口を大きく開けて母音を発生する方法です。

「あいうえお」の口の形はすべて異なります。しっかりとそれぞれの言葉の形に口を開けて発することで普段使わない表情筋が刺激されます。

おでこや目じりのたるみが気になる場合は、眼球を動かす運動もおすすめです。黒目を上下左右にしっかりと動かすことで目の周りの筋肉を鍛えることができます。

他にもできる顔のたるみ対策

表情筋の筋トレと同時に行うことで効果的なたるみ予防法として、普段のスキンケアがあります。紫外線による肌へのダメージはたるみの大きな原因となります。

そのため、夏以外でも紫外線ケアが重要です。また、乾燥も肌の保護機能をていかさせ肌の老化やたるみの原因となります。

しっかりと保湿ケアをすることが、たるみの予防のためのポイントです。

顔のたるみをなくして若返ろう

顔のたるみが改善されることで驚くほど、見た目が若返ります。見た目が老けてしまうと鏡を見るのが億劫になり、メイクをさぼるなどどんどん老けていってしまいます。

たるみを改善することで、表情もいきいきしてきますし、シワやくすみも改善されメイク乗りも格段によくなります。

いつも怒ったような表情だった人も、口角があがると一気に好感度があがりますよ。ぜひ、表情筋を鍛えて顔のたるみを改善しましょう。

フェイスビートダンス

顔の筋肉を鍛えるエステとして「フェイスビートダンス」が人気を集めています。

EMSにより普段使っていない筋肉を刺激し、たるみを確実に改善していきます。

関連記事:顔用のEMS「フェイスビートダンス」

スポンサーリンク