エステティシャンになるために必要なこと

エステティシャンになるために

エステティシャンは美容師や治療家と違い、国家資格の取得をする必要ありません。しかし、お客様の体を直に触れて施術を行うため、最低限の皮膚科学、生理学、衛生、化粧品やサプリメントの知識は身につけている必要があります。

独学で学ぶことも可能ですが、スクールに通い、知識と技術の両方を修得する。または、社内研修を実施している会社に就職するほうが、実践経験も積めるので、結果として近道になります。

エステティシャンの資格

ちなみにスクールに通うことで民間資格を取得することができます。この資格がないと、施術ができないというわけではありませんが、集客を行う際はPRとして大きな武器になります。

有名なのが、日本エステティック協会の「認定エステティシャン」、CIDESCO-NIPPONの「CIDESCOディプロマ」、そして国際的に活躍するための日本エステティック業協会の資格「AEAインタ−ナショナルエステティシャン」です。

いろいろなエステサロン

エステといっても「脱毛・痩身・フェイシャル・まつ毛・・・」と、トータルビューティーを目的とした何でもこなすサロンと、痩身専門・フェイシャル専門のように「うちのサロンの売りはこれ!」と、専門性を打ち出すサロンがあります。

リラクゼーションを目的としたサロンと、ダイエットなどのコンプレックスの解消を目的としたサロンでは、店内の雰囲気や接客態度は大きく変わります。

なりたい姿を明確に

これからエステティシャンになりたい人・独立を考えている人は、「何のために」「どんなエステティシャンになりたいのか」を明確にしましょう。

それによって、就職するべきサロンや、立ち上げるお店の装飾・勉強するべき内容も大きく変わってきます。

スポンサーリンク