1日に10人しか来ない整骨院はヤバいの?【たくさん集患する必要はあるの? 】

経営における集客の重要性

整骨院の経営では、集客が事業の成否を分ける重要な要素です。しかし、集客には「多ければ良い」というものではありません。

経営者が抱える目標や状況によって、適切な集客数は異なります。1日に10人の来院しかない場合、それが経営にとって「ヤバい」のかどうかは、さまざまな要因を考慮する必要があります。

 

1日10人の来院が意味するもの

「1日に10人しか来ない」という状況を単純にネガティブに捉えるのではなく、何を目標にしているかで評価が変わります。

例えば、1人で整骨院を経営している場合、1日10人の患者さんを施術することができれば、それは十分に効率的な経営が行えていると言えるでしょう。

特に、顧客単価が高ければ、売上目標を達成することも不可能ではありません。

 

集客数と売上の関係

整骨院経営において、集客数だけを追求するのではなく、売上目標をしっかりと設定し、それに対する集客戦略を練ることが大切です。

売上は「平均客単価 × 患者数」で計算されるため、集客数を増やすだけでなく、単価を上げることも同じく重要です。

 

売上目標の立て方

売上目標を達成するためには、平均客単価と患者数をどのようにバランスさせるかが鍵を握ります。個人経営であれば固定費が抑えられる反面、人件費や広告費などの経費も考慮に入れる必要があります。

売上目標を達成するためには、単価を上げる方法や集客数を増やす方法を同時に考えるべきです。

 

集客数を増やすための戦略

集客数を増やすためには、広告やマーケティング戦略が重要となります。新規顧客獲得のためには、ホットペッパービューティーのようなプラットフォームを利用するのも一つの手段です。

特にMEO(Map Engine Optimization)は、Google Mapなどの地図サービスでのビジネスの露出を最適化する戦略で、地域に密着したサービスを提供する整骨院・鍼灸院にとって非常に効果的です。

 

また、リピート率を高めたり、来店サイクルを短くすることも、集客数を増やす効果的な方法です。

 

経費削減のバランス

売上を伸ばすだけでなく、経費削減も利益を最大化するうえで欠かせません。

ただし、広告費用の削減は集客数の減少に直結するため、慎重な判断が求められます。経営においては、無駄な経費を見極め、効果的に削減することが重要です。

 

1人で整骨院を経営している場合、経営に関するアドバイスや支援を得られる体制を整えることが成功への近道です。プロのコンサルタントやセミナーの活用を通じて、経営ノウハウを学ぶことが推奨されます。

 

まとめ

1日に10人しか来ない整骨院が「ヤバい」と一概に言えないのは、経営の目標や状況によって適切な集客数が異なるからです。集客数の追求だけでなく、売上目標と経費のバランスを考慮した経営戦略が重要です。

そして、1人で経営する場合は、適切な相談体制を構築し、経営の知識を深めることが成功への鍵となるでしょう。

 

【PR】自費診療強化ならハイパーナイフ

ハイパーナイフは、痛みの軽減や美容効果、矯正効果など、様々な施術効果を持っています。そのため、肩こりや腰痛などの症状でお悩みの方に対しては、効果的な治療法となります。また、美容や小顔効果に興味がある方にも人気があります。

ハイパーナイフを導入することで、集患力を高めるだけでなく、他の整骨院や鍼灸院との差別化を図ることができます。患者様に対して、最新の医療技術を提供することで信頼を築き、競合との差を示すことができるのです。

 

▶︎製品ページ: 株式会社ワムのハイパーナイフ

 

  • コメント: 0

関連記事

  1. 今すぐできる!整骨院の離患を防ぐための対策

  2. 集客できない個人経営の整骨院に共通するたった1つの理由

  3. 整骨院の集客&販売促進におけるSNSの利用状況を独自調査

  4. 整骨院で美容メニューをはじめるならエステサロン開業を

  5. 整骨院コミュニケーションで大切な聴き方と「うなづき方」

  1. この記事へのコメントはありません。

  1. この記事へのトラックバックはありません。