ハイフ(HIFU)の施術はどのくらいの期間持続する?

ハイフ(HIFU)の仕組み

まず。ハイフ(HIFU)の施術を行なった時に施術後の持続期間についてお話しする前にハイフの仕組みについてお話します。

ハイフは超音波を特殊なレンズを通して1点に集中させ、皮膚の内側の脂肪層や筋膜等の狙った場所に直接照射します。

高密度な超音波を肌内部に浸透させ振動させることにより細胞同士がこすれ熱を出し、その熱で脂肪を燃焼させます。顔なら顔の脂肪を燃焼させお腹ならお腹の脂肪を燃焼させる仕組みです。脂肪の燃焼効果は緩やかですが持続時間が長いのがハイフの特徴です。

ハイフの持続期間は?

ハイフの施術を行なったことによる脂肪分解作用の効果の持続時間はおよそ、個人差もありますが1ヶ月から3ヶ月です。

これはハイフの施術により脂肪細胞に超音波を当てた時に出る熱量が体内から排出されるまでの時間が1ヶ月から3ヶ月かかり、その間も脂肪が燃焼しているためです。

しかし、いくら効果の持続期間が長くてもその間の食生活を見直したり、生活習慣を見直さなければハイフで分解しきれる脂肪量を上回り十分な効果が現れなくなります。

ハイフは顔に使用できるの?

ハイフは顔を小顔にするために使用をすることができます。ですが、顔も体と同じで脂肪が2cm以上無い場合には筋肉を破壊する恐れがあるために使用することはできません。

しかし、ハイフは顔の場合であっても持続時間は1ヶ月から3ヶ月は続きます。その間も緩やかに脂肪が燃焼されていきます。ですので、即効性はありませんが1ヶ月間から3ヶ月間は緩やかに脂肪が燃焼され続けます。

ですが、上記で説明した通り燃焼能力を超えた食事量を取ると効果は失われる可能性があります。

ハイフの安全性は?

ハイフの使用に関しての安全性は人により部分的に軽いやけどの様な症状が出る場合があります。これは脂肪細胞が熱で分解された時に起こる現象で個人差により起きる場合と起きない場合があります。

ハイフを使用した際に起こるやけどは軽微な物ですので基本的に施術を行なった技師の人の治療を受けることで自然にやけどは治まります。

キチンと施術を行なえる技師の元で施術を行なえば軽いやけどになることはあまりなく、やけどの症状が出てもキチンと対応して治療をしてもらえるので心配は必要ありません。

スポンサーリンク