ハイフ(HIFU)でよくあるトラブルや失敗

ハイフ(HIFU)は高密度焦点式超音波を、痩せたい部分に照射します。

超音波が皮膚の下で特定の深部に到達すると、エネルギーは1点に集中するため、脂肪層だけを狙って破壊することができます。

今まで脂肪吸引でないと取れなかった深部の脂肪も除去することができるようになりました。

ハイフはよく「切らない脂肪吸引」とも呼ばれます。

ハイフの危険性

ハイフはその強力さゆえ、副作用も付きます。火傷により「取り返しのつかない事態」にまで発展したケースもありました。

最近は改良されてトラブルも減ってきましたが、以下のような症状が出た場合は注意が必要です。

内出血が消えない

内出血は、ハイフではよくあることとされています。超音波を使って熱を加えてくため、施術後から2日ぐらいまでは内出血しやすいです。

しかし、その内出血は次第に収まっていきます。

もし、なかなか収まらずひどくなるようであれば、失敗(脂肪以外の組織を傷つけてしまった)ということになるでしょう。

しばらく待っても消えない場合は、医師に相談してくださいね。

施術を受けたところがむくむ

施術を受けた後は、むくみが発生することもあります。これは一時的もので、次第に完治していくのですが、1か月ほどは時間を要する可能性があるでしょう。

また、しこりのように感じることもありますが、これも同様です。失敗というよりかは、施術を受けたことによる身体の反応にはなるので、自然に治るのを待つしかありません。

ただしどうしてもむくみやしこりがつらい場合は、遠慮なく医師に相談して対処してもらいましょう。

施術中に痛みを強く感じる

脂肪を焼くため、施術中に超音波が筋肉に当たり、強く痛みを感じる可能性もあります。

筋肉まで当たらないように調整しながら施術をしてもらえるのですが、施術者の腕や脂肪の状態によっては施術中の痛みを感じやすいで気を付けてくださいね。

 

宣伝:家庭用HIFU【マイフ】

マイフは最先端の美容機器「HIFU」を家庭用に小型化した美容器。安全な出力で効果が期待できる世界初のテクノロジー。切らないたるみケアを自宅でも行えます!

「自分で行う」というのも安心できます。

>>【世界初の最先端美容器】ホリスティックキュアMIFU(マイフ)

 

スポンサーリンク