エステサロンで受けられるハイフの種類

ハイフを導入しているエステサロンは増えています。

が、こっそり医療用のハイフを使っているエステサロンもちらほら。これは医師免許が必要になるので、禁止行為です。

何事もなければいいのですが、トラブルがあって困るのは自分です。

もちろん悪いのはサロン側ですが、場合によっては一生消えない傷が顔や体についてしまいます。

そこで今回は、エステサロンでも受けられるハイフを紹介します。

シーライン

医療用のハイフに比べて、出力を細かく設定できます。

ヘッド部分を変えることで、ボディ用にもフェイシャル用にも使えて、脂肪細胞にアプローチするだけではなく、皮膚を活性化させる効果も期待できます。

ハイフによって肌の若返りに重要となるコラーゲンとエラスチンの生成が活発になったことが報告されています。

脂肪細胞を除去しつつ、肌の引き締めにも効果的な一石二鳥のマシンです。

ジーショット(G-SHOT)

さらに肌へのダメージを減らすために、開発されたのが、ジーショット(G-SHOT)。

水冷式プローブで肌表面を冷却しながら施術できるようになりました。

国産のマシンであり、世界でも70カ国以上で導入実績を持つ、信頼できるマシンでもあります。

ディーフォーカス(Di-Focus)

脂肪細胞だけではなくセルライトを除去していく効果も高いです。

エステの他の機器ではセルフケアではなかなか落ちにくいもの。そんなセルライトを狙ってアプローチができるというのは、理想の美ボディを目指す女性にとって、魅力的なポイントだと思います。

こちらも純国産で安心感が高く、導入しているエステサロンはとても多いです。

ウルトラハイフ

ウルトラハイフは、低めの超音波周波数「サーマルハイフ」という種類のハイフ技術を採用しているため、通常エステ用ではあまり感じない、施術中の温かさを感じるのが特徴。

「サーマルハイフ」の熱による萎縮(収縮)効果と、超音波振動の効果で、施術直後にサイズダウンが期待できる、即効性のあるマシンとされています。

まとめ

ここで紹介したハイフは安全を優先した設計なので、エステサロンでも受けられます。

その分、どうしても出力が下がるので効果は減ってしまいます。

もし「とにかく結果が欲しい!」というのであれば、美容クリニックや美容皮膚科などで受けることをオススメします。

スポンサーリンク