ソニックフィットの効果とメリット・デメリットまとめ

ハイフ(HIFU)を超えるマシンとして話題を集めている「ソニックフィット」

気になる脂肪にアプローチでき、部分痩せやリフトアップに特化したエステマシンです。

ハイフ(HIFU)は、狙った脂肪の皮膚1~2センチに超音波の熱を集めて脂肪を燃やします。熱によってダメージを受けた脂肪細胞は破壊され、1~3か月かけて徐々に脂肪細胞が減っていく、というしくみです。

ソニックフィットは1ショットあたりの効果をハイフよりもさらに広範囲に及ぼします。

ハイフ以上に強力ですが、医師免許を持たないサロンスタッフが行うため、安全面に考慮した設計となっています。

ちなみに、痛みやダウンタイムはほとんどありません。

メリット

即効性がある
ハイフと同様、即効性があります。

狙った脂肪に対して集中して超音波を照射することができます。だから、とても効率的。1回の施術でも十分にサイズダウンが期待できます。

脂肪が厚い部位でないと施術できない
ハイフはある程度の脂肪がないと施術できません。しかし、ハイフよりも深く広範囲に届くソニックフィットは、脂肪の厚みがあっても結果を出すことができます。

背中や二の腕など脂肪が溜まりにくい部位の施術も可能です。

リバウンドしない、太りにくくなる
リバウンドしにくいというところもソニックフィットのメリットです。

脂肪細胞を破壊して除去していくので、脂肪細胞の数が少なくなります。脂肪細胞の数が少なくなれば、当然太りにくくなり、リバウンドも起こりにくくなるでしょう。

継続的に痩せていく
ソニックフィットは1~3か月の間をかけて継続的に痩せていきます。

今までの痩身マシンは1回の施術で2週間くらいしか効果が持続できませんでした。しかし、ソニックフィットは1回の施術だけで1~3ヶ月間(ピークは1か月)にわたって痩せ効果を持続できます。

1回の施術で破壊された脂肪細胞が新陳代謝によって体外に排出されるまで効果がずっと続いていくでしょう。

デメリット

チクチクする場合もあり
中にはチクチクする痛みを感じる人もいるので痛みがないとは100%言えません。

痛みに対して不安であればサロンスタッフに事前に確認してから施術を受ける方が安心かと思います。

トラブル
大きなトラブルは報告されていませんが、今後もないとは言い切れません。ハイフでは、エステで受けるハイフでのトラブル(やけどなど)もあり、国民生活センターでは注意を呼びかけていました。

が、エステティシャンの技術や知識不足によって効果やリスクに差がでてしまうようです。リスクを避けるためにも通いたいエステサロンの評判を事前にリサーチしておく必要があるでしょう。

おすすめのホームケア

しっかりとホームケアをすることで、ソニックフィットの効果を高めていきます。

おすすめしたいのは【ホスピアップ】という化粧水!

湘南美容外科と共同開発された化粧水で、さまざまな美容成分に加え、リフトアップ成分も豊富に含まれています。

「小顔」「リフトアップ」効果をさらに高めてくれます。

ソニックフィットを受けた当日は、肌から水分が抜けやすいので、できれば当日からの使用がおすすめです。ホスピアップには高い保湿効果のある成分も含まれています。

スポンサーリンク