ハイフ(HIFU)痩身の副作用や仕組みと特徴について

肌ダメージの副作用の問題について

ハイフ(HIFU)はかなり注目されている痩身方法ですが、気になるのは副作用だと思います。

ハイフでは、脂肪のみを直接狙い撃ちして超音波を照射出来る痩身マシンなので、副作用の心配はないと言えます。

従来の痩身マシンでは照射した部分全体が熱くなってしまい、肌に熱のダメージを与える副作用がありました。ハイフ痩身では皮膚表面には負担をかけず、脂肪に直接アプローチをするので、肌へのダメージをなく安心して利用できると言えます。

エステとクリニックでダウンタイムの副作用

施術を受けてから、日常生活に戻るまでのダウンタイムに赤みや内出血、腫れなどの症状が出る恐れがあります。エステでハイフ痩身を受ける場合には、他の細胞を傷つける事がないよう、出力を低くするなどの工夫があります。

クリニック用のハイフ痩身は、やや出力が高いので施術中に少し痛みを伴い、内出血をする副作用も考えられます。

クリニックでハイフを受ける場合には注意が必要ですが、クリニックのハイフ痩身の方が効果は期待できるのです。

ただし・・・

最近ではエステサロンで導入されているハイフもかなり高出力のものが増えています。

エステだと、火傷や内出血があったときの処置が遅れてしまうので、取り返しのつかない事態に陥る可能性があります。(昨年も ちらほら事件がありました)

信頼できるエステサロンもしくはクリニックで施術を受けることをおすすめします。

ハイフの仕組みについて

ハイフは体型を気にする女性であれば知っている人も多いと思いますが、ハイフの原理は、超音波をレンズに通し、皮膚の下の皮下脂肪へ穴を開けるように破壊して、脂肪細胞自体を減少させるものです。

ハイフの超音波を照射された箇所は、加熱されて脂肪細胞が溶けて穴が開いたような状態になる特徴があります。

照射した箇所が多ければ、その分皮下脂肪が減るという仕組みと言えます。ハイフの副作用も考える事は大事ですが、仕組み付いても理解しておく必要があります。

ハイフのメリットとデメリット

ハイフ施術の大きな魅力として、施術後にリバウンドする可能性がないと言う事です。ハイフは、脂肪細胞を破壊して除去する施術法なので、リバウンドする心配はなく太りにくくなるメリットがあります。

ハイフのデメリットとしては、副作用もありますが、高額になる事が挙げられます。ハイフ痩身は、新しい技術を用いた効果的な施術である事から機材も高額なので、施術も高額になってしまうと言えます。ハイフ痩身のメリットとデメリットを理解しておくと良いです。

スポンサーリンク